ニュース

ローソン銀行クレジットカード「ローソンPontaプラス」の発行について

2019.01.15

 株式会社ローソン銀行(本社:東京都品川区、代表取締役社長 山下 雅史、以下「ローソン銀行」)は、ローソン店舗などでのご利用で共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を加算するクレジットカード「ローソンPontaプラス」を2019年1月15日(火)から発行いたします。株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 長谷川 剛、以下「LM」)は、同カードにかかるポイントサービスを提供いたします。

 このカードでは、ローソン、ローソンストア100、ナチュラルローソンの店舗でのご利用で、クレジットカードでのお支払い100円(消費税抜き)につき、お買い上げポイントとしてPontaポイントを2ポイント加算いたします。さらに、毎月のカードのご利用金額に応じたステージによってポイントを加算するプログラムをご用意しており、最上位のステージでは、100円(消費税抜き)につきお買い上げポイントとステージポイントを合わせて合計4ポイント加算いたします。このカードはPontaカード一体型カードとなっており、他のPonta提携店舗にて、Pontaカードとしてもご利用いただくことができます。クレジットカードの発券などの業務は、ローソン銀行が提携する三菱UFJニコス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 井上 治夫)が行います。商品の詳細は別添およびローソン銀行ホームページに掲載する商品概要説明書をご参照ください。

 LMが運営する「Ponta」は、2010年3月にサービスを開始し、8,900万人以上の会員数を有する共通ポイントサービスで、日常消費から生活インフラ、オンライン購買を含めて、全国の約20万店舗でご利用いただけます。LMは、Ponta会員の皆さまのあらゆる生活シーンにおいて、「便利・おトク・楽しい」サービスを提供しています。

 ローソン銀行では、「私たちは“みんなと暮らすマチ”を幸せにします。」という企業理念のもと、ローソングループがもつ小売業のノウハウ、全国のローソン店舗網、ローソン銀行ATMネットワークなどの強みを基盤に、マチという人の暮らしの場に貢献する金融サービスの提供を目指してまいります。

【ローソン銀行クレジットカード「ローソンPontaプラス」券面イメージ】

本件に関する資料