• ホーム
  • ニュース
  • 2018
  • Pontaポイントで世界の難民・避難民を支援 ~「世界子どもの日」に合わせ、11月20日から開始~

ニュース

Pontaポイントで世界の難民・避難民を支援 ~「世界子どもの日」に合わせ、11月20日から開始~

2018.11.20

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下LM)は、11月20日の「世界子どもの日」に合わせて、本日からUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)による「難民・避難民の支援活動」を支援するPontaポイントでの寄付を開始しました。

UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)は、1950年に設立され、紛争や迫害により難民や避難民となった人々を国際的に保護・支援し、難民問題の解決へ向けて、約130か国で援助活動を行っています。紛争、迫害から逃れてきた難民、避難民など、UNHCRの支援対象者数は世界で約7,144万人(2017年末)に達して過去最高を記録しており、世界各地で救援活動を行うための資金が不足しています。紛争で家を追われた子どもたちも多く、18歳未満の子どもは全難民のうち52%を占めています。
今回のPontaポイントでの支援による取り組みは、国連が世界の子どもたちの相互理解と福祉の向上を目的として制定した11月20日の「世界子どもの日」に合わせ、UNHCRの「難民・避難民の支援活動」への寄付を呼びかけるものです。

Pontaポイントでの寄付は、50Pontaポイント単位で専用ページから寄付をしていただけます。お預かりしたPontaポイントは、1ポイント=1円に換算し、UNHCRの活動を支える日本の公式支援窓口である国連UNHCR協会を通じて、家族の生活を守るテントや医薬品、清潔で安全な水の供給など、UNHCRによる難民・避難民支援の活動に役立てられます。

・「国連UNHCR協会 難民・避難民の人道支援」支援ページはこちら
・「国連UNHCR協会」はこちら