ニュース

JALオリジナルの「Pontaカード」発行

2016.07.01

日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:植木 義晴、以下「JAL」)および株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は両社の業務および資本提携に基づき、2016年7月1日(金)より、JALオリジナルデザインの「Pontaカード」(以下、「JAL Pontaカード」)を発行します。「JAL Pontaカード」は、JAL国内線の機内(JAL便名にて運航されている便のみ)および羽田・成田・新千歳・伊丹・関西・中部・福岡・那覇の各空港で配布します。

JALとLMは、2015年4月に、JALのマイルとPontaポイントの相互交換サービスを開始。今年4月からは、JALグループ便へのご搭乗でPontaポイントが直接たまる日本初のサービス「Pontaコース」を開始して、両ポイントの利便性を高めてまいりました。この度、「JAL Pontaカード」を発行することで、「便利・おトク・楽しい」両社のサービスをよりたくさんの方へ知っていただき、ご利用いただくことを目指しています。

「JAL Pontaカード」は、Ponta提携店舗でのお買い物時に提示いただくことでPontaポイントをためて、つかうことができる共通ポイントカードです(※)。
提携企業ごとにデザインされた「Pontaカード」には、お手伝いが大好きなキャラクター「ポンタ」が各企業の社員・店員に変身した姿が描かれています。今回の「JAL Pontaカード」は、ワクワクする“空の旅”をイメージして、空港とJALの航空機を背景に、パイロットの制服を着たJALオリジナルの「ポンタ」がデザインされています。
また、JALならではのサービスとして、航空機内では客室乗務員がご要望に応じて本カードをお配りします。

今後もJALとLMは、会員の皆さまに喜ばれる「便利・おトク・楽しい」サービスを提供し、引き続き、新しい取り組みにチャレンジしてまいります。

 (※)本カードは、クレジット機能は付帯しておりません。

本件に関する資料