• ホーム
  • ニュース
  • 2014
  • リクルートホールディングスとロイヤリティ マーケティング 本日資本業務提携 ~ポイント利用可能店舗は、国内最大級の...

ニュース

リクルートホールディングスとロイヤリティ マーケティング 本日資本業務提携 ~ポイント利用可能店舗は、国内最大級のおよそ10万店舗に!~

2014.04.30

株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄、以下リクルートホールディングス)と、共通ポイントサービス「Ponta」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下LM)は本日、資本業務提携(以下、「本提携」)契約を締結いたしましたのでお知らせします。

本提携により、2015年春頃をめどにリクルートが発行する「リクルートポイント」を「Pontaポイント」に変更します。また、「PontaWEB会員」を新設し、インターネット上のIDを「リクルートID」と共通化します。国内最大級の各種WEBサービス『じゃらんnet』や『ホットペッパービューティー』『ポンパレ』等を多数運営するリクルートグループと、提携社数73社98ブランド、国内約6,171万人のPonta会員を有するLMが提携することで、サービスの利用先が大幅に拡充します。ポイントがたまる・つかえる店舗はおよそ10万店舗と国内最大級となり、更に多くのシーンでポイントをご利用いただけるようになります。両社は、本提携を通じ、リクルートグループの各種WEBサービスをご利用頂く消費者の皆様、掲載企業様、並びにPonta会員の皆様・提携企業の皆様に対して、更なる提供価値の向上に努めてまいります。

1. 業務提携の内容

(1)「リクルートポイント」と「Pontaポイント」の相互交換を開始
(2014年初夏予定)

業務提携の第一弾として、両社は、実店舗で利用できる「Pontaポイント」と、リクルートグループが運営する各種WEBサービス『じゃらんnet』や『ホットペッパービューティー』『ポンパレ』などで利用できる「リクルートポイント」の相互交換サービスを予定しております。

(2)「リクルートポイント」を「Pontaポイント」に変更(2015年春予定)

リクルートグループの運営するWEBサービスで利用可能な「リクルートポイント」を、原則として(※)「Pontaポイント」に変更にします。リクルートグループやLM提携社の提供するサービスの消費者の皆様には、「Pontaポイント」をシームレスにご利用いただくことが可能になります。※一部対象外のポイントがございます

(3)「PontaWEB会員」を新設し、インターネット上のIDを「リクルートID」と共通化(2015年春予定)

両社は、インターネット上で「Pontaポイント」サービスを受けられる会員組織として「PontaWEB会員」を新設し、Ponta会員のインターネット上のIDを「リクルートID」と共通化します。「リクルートID」をお持ちの皆様、インターネット上で「Ponta」サービスをご利用いただくPonta会員の皆様には、新たに設ける会員規約にご同意いただきます。

2. 資本提携の内容

本提携において、リクルートホールディングスは、LMの第三者割当増資によって、15%の資本参加を予定しております。本提携により、「リクルートポイント」の利用者の皆様、Ponta会員の皆様の、さらなる利便性向上に努めてまいります。

3.今後の予定

2014年初夏 Ponta.jpの会員登録時に「リクルートID」が選択可能・利用可能に
2014年初夏 両社ポイント相互交換開始
2014年夏 リクルートホールディングスよりLMに出資
2015年春 「PontaWEB会員」を新設し、インターネット上のIDを「リクルートID」と共通化
2015年春 「リクルートポイント」を「Pontaポイント」に変更
本件に関する資料