• ホーム
  • ニュース
  • 2012
  • 【ニュースレター】サービスロゴ「Ponta」、キャラクター「ポンタ」のご紹介

ニュース

【ニュースレター】サービスロゴ「Ponta」、キャラクター「ポンタ」のご紹介

2012.10.19

共通ポイントプログラム「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)が「Ponta」サービス開始してから2年半が経ちました。これまで数多くのメディアの皆様にご取材いただいていますが、メディアの皆様から頻繁にご質問をいただくサービスロゴ「Ponta」とサービスキャラクター「ポンタ」の誕生についてご紹介します。

◇サービスロゴ「Ponta」はこうして生まれた!

「Ponta」は、“Point terminal(ポイントターミナル)”の略称で、共通ポイントサービス「Ponta」を核に提携社、Ponta会員、ポイントや商品が集まり賑わう中心的な存在、また、ポイントが循環していくイメージを交通路線の集中する「ターミナル」に見立てたことが誕生のきっかけです。
また、ポイントが「ポンポンたまる」イメージを温かみのある楽しい語感で表現し「Ponta」と名付けました。毎日の暮らしの中でいつでもどこでも便利に活用され、愛着を持っていただける存在になりたいという思いがこもっています。
デザインに採用した「∞(無限大)」は、“Point terminal”をイメージするとともに共通ポイントサービス「Ponta」が無限に広がっていくことを象徴しています。また、サービスキャラクター「ポンタ」の目もとのイメージともリンクしています。

◇サービスキャラクター「ポンタ」はなぜタヌキ?

「Ponta」と言えばタヌキ、多くの方はそう連想されると思います。サービスキャラクター「ポンタ」は、ポイントが「ポンポンたまる」が語源となったサービス名「Ponta」の音から連想しタヌキとなりました。タヌキと言えば七変化ですが、「ポンタ」は各提携社のユニフォームを身にまとい提携社ポンタにも七変化し、提携社からも愛されるキャラクターとなっています。

タヌキは、古くから日本人に馴染みのある動物で、物語や落語、童謡など多くの作品に登場し親しまれています。
日本人の持つタヌキに対するイメージは、ユーモラスな顔に、丸い大きなお腹と出べそ、イタズラなのに、おっちょこちょいでなんだか憎めない、そんな愛らしいイメージです。

タヌキをモチーフにしたキャラクター「ポンタ」には、共通ポイントサービス「Ponta」を、身近で、末永く愛されるサービスにしていきたいという思いが込められています。

本件に関する資料