• ホーム
  • ニュース
  • 2017
  • 髙島屋にて「Ponta」のインバウンドサービスを開始 訪日韓国人客、訪日台湾人客向けに提供

ニュース

髙島屋にて「Ponta」のインバウンドサービスを開始 訪日韓国人客、訪日台湾人客向けに提供

2017.09.29

株式会社髙島屋(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:木本 茂、以下「髙島屋」)と共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、LMが提供するスマートフォンを活用した「Ponta」のインバウンドサービスを髙島屋にて開始します。 当該サービスは、2017年10月11日(水)より訪日台湾人のお客様、2017年10月中(予定)に訪日韓国人のお客様向けに、髙島屋大型5店舗(日本橋店・新宿店・横浜店・大阪店・京都店)で提供します。

髙島屋では、海外からも毎年多くのお客様にご来店いただいており、今後、更に訪日旅行客の増加が予想される中、国内のお客様と同様に訪日旅行客の方に対しても、利便性とサービスの向上を進めています。
昨年10月、国内のお客様向けにPontaサービスを導入して以降、数多くの新たなお客様にご来店いただいています。この度、本サービスを導入する事で、国内のお客様のみならず、多くの訪日台湾人・韓国人のお客様にもご来店いただきたいと考えています。

「Ponta」のインバウンドサービスは2015年12月より順次、対象のPonta提携店舗にて提供しています。同サービスは、約610万会員(2017年8月末時点)を保有する台湾の共通ポイントサービス「得易Ponta」の会員および、約3,400万会員(2017年8月末時点)を保有する韓国の共通ポイントサービス「OKキャッシュバック」の会員が、訪日時に、対象の日本のPonta提携店舗においてポイントをためることができるサービスです。

髙島屋とLMは、国内にとどまらず、海外からお越しのお客様へのサービスの充実、利便性を高め、より多くのお客様にご利用いただけるサービスを目指し、今後も協力して取り組んでまいります。

<サービス概要>

・サービス開始日 訪日台湾人客向け/ 2017年10月11日(水)
訪日韓国人客向け/ 2017年10月中(予定)
・利用可能店舗 髙島屋 日本橋店・新宿店・横浜店・大阪店・京都店
・加算ポイント 免税対象のお買上げ100円(税抜)につき1ポイント
5万円(税抜)以上お買い上げの方にさらに500ポイント
※同日同店舗の免税対象のお買い上げ累計5,000円以上でポイント加算の対象となります。
・加算方法 免税手続き時、免税カウンターにて、「得易Ponta」(台湾)/「OKキャッシュバック」(韓国)アプリ内で日本用の会員証(得易Ponta日本カード/OKキャッシュバック日本カード)を表示し提示。
※加算されたポイントを髙島屋で利用(つかう)することはできません。

◆「Ponta」のインバウンドサービスとは

本サービスは、訪日客が日本国内のPonta提携店舗でお買い物をする際に、スマートフォン向けアプリで動作する「デジタルPontaカード」機能を活用することで、共通ポイントサービスの利用が可能となるものです。
日本でためたポイントは帰国後に自国のポイントに自動移行され、自国内でもつかうことができます。

<ご参考>

・「得易Ponta」について
台湾の共通ポイント事業者「Eastern Integrated Marketing, Inc.」(以下「EIM」)が2014年12月に開始。2015年12月より、LMとEIMは業務提携し、訪日台湾人向けの共通ポイントサービスを実施しています。

・「OKキャッシュバック」について
1999年にサービスを開始した3,400万会員を有する韓国最大手の共通ポイントサービス。400ブランド、5万3,000店舗で利用可能です。

本件に関する資料